遺言書の保管方法

最近相続セミナーで、
「遺言書を作成した場合、その遺言書をどこにどのようにして保管をしておけばいいのか」
という質問がありました。

法律上の問題ではないですが、やはりみなさん気になるところでしょうから、
少し解説させていただきます。

1.公正証書遺言について

公正証書遺言を遺言書として作成をした場合は、
遺言者と証人が署名捺印をした原本が1通公証役場に必ず保管をされます。

遺言者には正本と謄本各1通が渡されることになります。

遺言者に交付をされる正本と謄本ですが、
謄本は遺言の内容を確認するためだけにある写しですので
全く法的な効力がないものになります。

正本は、署名捺印はされていないのですが、原本と同じ効力がある書類になります。

公正証書遺言を作成して遺言執行者を指定した場合は、
遺言執行者である方が正本を保管し、謄本を遺言者本人が持っていることが多いです。

公正証書遺言の場合は、原本は必ず公証役場に保管をされますので、
作成をした遺言書が紛失をするようなことはありません。

また、正本や謄本を紛失してしまった場合、公証人役場にて再発行を受けることも出来るのです。

最近では、インターネットの技術も進歩をしてきており、
平成元年以降に作成された公正証書遺言に関しては、
全国の公証役場にてオンラインで内容を確認することも出来るようになりました。

しかし、公正証書遺言はとても重要な書類ですので、照会することが出来る人が限られています。
また、公正証書遺言を照会する際には、遺言者の志望を証明する戸籍謄本や遺言者と
相続人等の利害関係であることを証明出来る戸籍謄本や身分証明書の提示が必要となります。

ただし、公正証書遺言は、紛失をするという危険性はないのですが、
相続人である方が公正証書遺言の存在を知らなければ、相続開始時に役に立つことがないのです。

ですので、相続人である方に公正証書遺言の存在を明らかにしておくか、
誰にでもすぐに見つかりそうな場所に公正証書遺言の正本や謄本を保管をされておかれることをお勧めします。

2.自筆証書遺言や秘密証書遺言について

自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合は、正本や謄本というものはありません。

原本1通だけのものになりますので、保管方法はとても大事になってきます。

机やタンスの引き出しの中に保管をされる方が多いですが、
相続人がその遺言書を見つけて隠したり、内容を書き換えるなどをする恐れも考えられます。

安易に見つかりそうな場所に置くことはお勧め出来ません。

しかし、誰にも見つかりそうにないところに隠してしまうと、
遺言者が亡くなったときに相続人が遺言書自体を見つけることが出来ないということも考えられます。

相続人全員が信用出来ると思われているのであれば、自宅の金庫や鍵のかかる引き出し、
銀行の貸金庫など、比較的保管場所として予測が付きやすいところに保管をしておくことをお勧めします。

相続人全員が信用出来ないと思われている方の場合は、
相続に関係のない第三者の方に保管をお願いしておくのも1つの方法です。

もし、遺言執行者を指定されているのであれば、
自筆証書遺言や秘密証書遺言の遺言書は、遺言執行者に保管をしておいてもらうのが一般的ではあります。

ただし、第三者に遺言書の保管をお願いする場合ですが、
その第三者の方が遺言者である方が亡くなったことや、
相続が開始されたことをすぐに知ることが出来る環境でなければ、
その遺言書は世に出ることがなく終わってしまう可能性もあります。

銀行の貸金庫に保管をしておけば、預金の解約払い戻しや名義変更の手続きを行う際に
貸金庫にある遺言書の存在も明らかになるでしょうが、
友人や弁護士、司法書士の方の手に遺言書が渡っている場合は、
相続人たちに遺言書が手渡される保証はありません。

第三者の方に遺言書を保管してもらう場合は、
法定相続人対象外の親族などに預けるのが1番良いでしょう。

また、相続税の申告をしなければならない場合は、
税理士の方に遺言書を預かっておいてもらうのも良いでしょう。

3 おすすめ

そこで、私の場合は、二段階遺言をお薦めしております。
つまり、正式な遺言は、公証役場や弁護士に保管しておいてもらい、
自宅のわかりやすいところには、
「これを開けたら●●弁護士に電話してください。」
という遺言を残しておくのです。

こうすることによって遺言の存在が気づかれないままになることを防ぎつつ、
他の人に遺言の内容を知られたり詮索されたりする心配を防ぐことができるのです。

参考にしていただければ幸いです。

 

No comments


Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です