相続財産の調査をする方法

相続財産の調査をする方法

被相続人が不動産を保有していた場合、
市区町村の固定資産税課で名寄帳を確認すれば、
保有不動産の詳細を把握することが出来ます。

そして、法務局に行って相続対象となる不動産の全部事項証明書を取り寄せて
調停の際に調停委員に提出を行って下さい。

被相続人が名義人となっている預貯金や株式がある場合は、
金融機関に依頼をすることで死亡日時点の残高証明や取引の履歴を確認することが出来ます。

預貯金や株式の取引を行っていた金融機関が分からない場合は、
被相続人が住まわれていた地域の近くにある金融機関で
名義があるかどうかを調べてみるのも1つの方法です。

この確認を行う際には、自分と親子関係であることを証明しなければなりませんので、
戸籍謄本が必要になってきます。

また場合によっては、亡くなられる直前に預金を解約して
払い戻しをされているということもあります。

この場合は、取引履歴の開示を行うことで確認をすることが出来ます。

払い戻しをされた現金は遺産と認められないかもしれませんが、
調停委員に知っておいてもらった方がプラスになることが多いです。

取引履歴を確認しておくことで、不自然な動きがあればチェックをして調べることも出来ますので、
出来るならしておいた方がいいでしょう。

 

No comments


Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です